しなやか筋肉 櫻井美沙季さんどんな女性?フィジークとはどんな競技?

1ボディービル?フィジーク競技の櫻井美沙季さんはどんな女性?

この投稿をInstagramで見る

MISA❤みさみさ(@misamisa_0428_fit)がシェアした投稿

その可愛らしいお顔立ちと、肉体美のギャップに最近話題が集まっている

櫻井美沙季さん。

その印象が強いビジュアルに、どんな経歴の持ち主なのか?気になるところですよね。

いったいどのような女性なのでしょうか?

名前:櫻井美沙季(ニックネーム:みさみさ)
生年月日:1994年4月28日
出身:群馬県
職業:株式会社 Musubiの代表取締役、フィジーク選手

学生時代に陸上競技のひとつである「7種競技」をされていたとのことです。

この7種競技は、アスリートとしてとてつもないパワーを要求される競技であることから、

毎日のように筋トレすることが習慣なのかもしれませんね。

ですが2019年のアキレス腱のケガによって、陸上競技からの引退を余儀なくされたそうです。

そしてここからが凄いことですが、アスリートとしてボディービルとはまた違う、

フィジーク競技の選手として転向。

そして今、じわじわとSNSなどでも注目されつつある女性選手です。

この投稿をInstagramで見る

MISA❤みさみさ(@misamisa_0428_fit)がシェアした投稿




2櫻井美沙季さんが挑むフィジーク競技とは

波乱の?ヨーロッパ選手権 | 世界レベルのビキニボディを目指して

https://leanbuildbody.com/?p=303

フィジークとは、鍛え抜かれた肉体全体のバランスの美しさを競い合う競技です。

過酷なトレーニングで肉体を鍛え抜く部分ではボディビルと同じですが、ボディビルよりスマートなプロポーションが評価されるそうです。

ボディービルと違い、脚や太ももなどの筋肉は審査対象外だそうですね。

女性はツーピースのビキニを着用して、ポージングなどのステージ上でのパフォーマンス、

髪型や顔の表情、肌の美しさなども審査されるようです。

さながら、スタイリッシュでセクシー「カッコいい女性」を競う競技といえそうですね。



2019年のワールドレジェンドクラッシックフィジーク入賞の

櫻井美沙季さん

この投稿をInstagramで見る

MISA❤みさみさ(@misamisa_0428_fit)がシェアした投稿

3インスタでも人気 櫻井美沙季さんのアイドル要素


櫻井美沙季さんが、ここ最近注目を集めている理由の一つに、マハラジャーンさんという、

アーチストのミュージックビデオ「セーラムン太郎」に出演していることでも、話題を集めているんですね~!

株式会社 Musubiの代表取締役でありながら、多くの活躍をされているなんて凄いことですよね~。

驚異の身体能力もさることながら、不断の努力の賜物といえそうです。

いずれにしても、日本ではまだまだなじみの薄いこのフィジーク競技ですが、

櫻井美沙季さんのような才能ある女性によって、アスリート人口が増えるきっかけになるかもしれませんね。

2019年も目が離せない!注目のJBBF女子選手を紹介! - TORETASU Blog

https://toretasu.jp/blog/6588/

4フィジーク女子を目指すのに必要なトレーニングとは?

フィジークは鍛え抜かれた肉体美を競う競技です。だからといって、やみくもに筋トレをして

肉体改造すればいいわけではありません。

いわゆる逆三角形体形が理想的とされていて、肉体美としての、がっしりとした広い肩幅と

くびれた細いウエストが求められるようです。

フィジークでは背中の美しさが高く評価される傾向にあります。

背中を中心に鍛えながら肩幅とウエストの比率が2:1になるように意識的なトレーニングが

有効とされているようです。

この投稿をInstagramで見る

MISA❤みさみさ(@misamisa_0428_fit)がシェアした投稿

トレーニングすべき部位の、優先順位は背中⇒肩⇒胸⇒腹筋⇒腕とされているようです。

くびれたウエストに近づくために、筋肉をつけつつ、体脂肪を徹底的に落とすためにも、

摂食と消費のカロリー計算など、タンパク質や炭水化物、脂質などの食事コントロールを

個人個人の体質にあった方法を見極めていくことが重要です。

肉体は精神の奴隷である

厳しくつらいトレーニングを一つ一つ乗り越えることによって、強靭な精神力の持ち主になれるなどの特典もついてきそうなので、挑戦する価値があると言えるかもしれませんね。

服装や髪形なども審査の対象になるので、審美眼やファッションセンスなど、美的センスも

意識されているようです。

国内で開催されるフィジークの大会の多くは、

公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)や一般社団法人NPCJによって開催されています。

フィジークの大会で入賞すると、トレーナーやスポーツクラブのスタッフとして採用されたり、転職活動する際に道が開けることがあるそうですよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする