100㎏?のファットな人々 デブがレンタルできるデブカリとは?

1斬新なアイデアのデブカリとは?

「デブ」・・あなたはこの言葉を聞いてどんな印象をいだくでしょうか?

体型などを気にしている人、繊細な人にとってはネガティブなワードに聞こえてしまうかもしれませんね。

ですが最近では、そんなデブといった状態と言葉に一線を画し、前向きな事としてとらえる

明るく元気なサービス集団がいることが注目されているようです。

人並み以上に太った状態であるファットマンの面々、

蔑称としてとらえることなく、愛称として記事を読み進んでみて下さいね。

石ちゃん満足 ! 絶品 お取り寄せスイーツ1位「船橋屋 くず餅」紹介 ! まいう~絶品スイーツ「船橋屋 くず餅・くず餅プリン」【メレンゲの気持ち】 | AZNEWS – アズニュース

https://az-news.yojipapa.com/

幸せや癒やしを与えたい 「デブをレンタルできる!?」そんな耳を疑うような新サービスが、大阪で2021年4月からスタートしました。

SNSやメディアなどでも徐々に話題になっているそうですが、実際のところ、ホントに需要はあるのでしょか?

発起人のマイコー横尾社長のお話以下インタビュー記事を引用

内山君の美人妻 夫の枕に多めのオキシ 「加齢臭が出る歳に成長しました」|au Webポータル芸能ニュース

https://article.auone.jp/



デブが幸せそうにご飯を食べる姿をみたいといった依頼もあるそうですね。

マイコー社長が起ち上げたサービス「デブカリ」は、日本各地で登録されているデブたちを

レンタルできるサービスだそうです

運営主体は大きいサイズのメンズ服を扱うアパレルショップ「QZILLA(クジラ)」で、マイコー社長はプロモーションの一環として起ち上げたそうです。

小錦の面白ネタ・写真(画像)の人気まとめ【タグ】 - ボケて(bokete) ページ2

https://bokete.jp/boke/tag/

1時間・2000円で、悩み相談・力仕事・掃除はもちろん、モデル、お店への同行、ただただ癒やされたい、などなど。100kg以上の登録者がさまざまなリクエストに応えてくれるということです。

起ち上げのきっかけについてマイコー社長は、デブが自分らしく、活躍できる場を作りたいと思い始めました。

デブの存在がプラスイメージになるような。

洪金寶(サモハンキンポー) - Hong Kong Movie

https://blog.goo.ne.jp/

例えば、料理を食べる時でも、やせてひょろっとしている人よりも、デブがおいしそうに食べている方が、料理の美味しさを表現する上では説得力が強いですよね。

デブは幸せや癒やしを与える、となるようにイメージを変えたいんです、という願いが込められているようです。

前向きな「デブ」が、暗い雰囲気漂う日本に元気と明るい笑顔をもたらす!

しかしながら、テスト期間には困った事態も起きたそうです。




オープン前のテスト期間に、このサービスが同性愛者の方たちの間で広まったんだそうです。一気に登録者数が増えて、出会いの場になって。急いで規約や登録条件を改定しましたんだそうです。

そして、出会い系ではありません。あくまで、デブという存在に癒やされたかったり、相談したり、デブの悩みを解決したいとか、そんな純粋な気持ちで依頼して欲しいですと話す。

画像・写真 | 彦摩呂、わずか5週間で10キロ減 驚異の勢いで減量中「足が見えるようになった」 4枚目 | ORICON NEWS

https://www.oricon.co.jp/

「デブカリ」は、コロナ禍の2021年4月にオープン。

その理由についてマイコー社長は、

毎日、コロナの話題ばかりで日本中が本当に暗い雰囲気になっている、それを払しょくするためにも、あえてこの時期にオープンしようと決めたんだそうです。

面白くて、笑っちゃう、楽しい、癒やされる、ホッとする 

明るい話題で1人でも多くの人が元気になって欲しい、という願いが込められているようです




前向きなおデブが、この日本に笑顔と明るさをもたらすという事でしょうか。

社長も手応えあり、意外と多かった「デブ」需要 では、サービス開始から数週間。

実際にどんなオファーがあるのか? マイコー社長によると、近況事態宣言の影響で少ないものの、それでもオファーはあるという。

たとえば、企業からは、「おいしそうに食事をしたり、幸せそうに温泉に入っているCMを撮りたい」、「商品開発のデータ解析のために、たくさんのデブを用意してほしい」といったものがあり、

カレーライスは飲み物。』byウガンダ・トラ | 徳永英明とタクシーとベートーヴェン

https://ameblo.jp/

また個人の依頼では「小麦粉アレルギーだから、おいしそうにドーナツを食べている姿を見たい」、「大食いに挑戦するので、一緒に付き合ってほしい!」などなど。

デブは意外と需要がある、という手応えをひしひしと感じているという。

そんな「デブカリ」の将来像ですが、いろんな人に『デブカリ』に登録してもらいたいとおっしゃっておられました。

松村邦洋の北野武監督モノマネに会場大盛り上がり!|シネマトゥデイ

https://www.cinematoday.jp/

たしかに、ぽっちゃりした人に安心感や、見ていてホッとする、気を許してとっきやすいといった声は、結構あるような気がしますよね。

あくまでイメージですが、甘いものやスイーツが大好き、食欲を満たすことが

至上の喜びなども手伝って、性格も穏やか、平和的な人が多いようにも感じられます。

発想の転換とこの斬新なアイデアで、今までなかったこのサービスが普及していく第一歩といえそうです。

一人でも多くの人に癒しと元気を!さらには明るい雰囲気で笑顔が増える様なデブレンタルになるといいですね。

同サービスは「デブカリ」サイトから登録、および利用が可能。1時間・2000円。

デブカリサイトはこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.debucari.com/




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする