電子書籍の原稿 クラウドソーシングを使ってみる

1どんなクラウドソーシングがむいているのか?

今ではクラウドソーシングの仕事を仲介する、数多くのWebサイトが登場しました。

様々なサイトや、特徴あるプラットフォーム。

あまりの多さにプラットフォームのどれを選んでいいのか迷っちゃいますよね~







ですがどれも、

基本的にメールアドレスがあれば、どれも無料で登録できます。

必要に応じて本人確認書類などを提出してみてくださいね。

これらの中から登録したサイトで、不特定多数に人たちに対して、

あなたの目的である、条件にみあった記事の作成を注文してみるわけです。

この場合はあなたがクライアント(仕事の依頼主)になるわけですから、

不特定多数の人たちに対する公開情報、個人ページや、

プロフィール紹介なども充実させてみても、いいかもしれませんね。

あとは、登録する前でもある程度、どんな依頼内容や仕事があるのか?

他のクライアントの注文内容などをみて、それぞれのサイトごとに

参考にしてみるのもいいかもしれません。

予算などの都合もでてくることでしょう。あなたが注文した記事に対して、文字数単価

1文字に対して0.1円~1円以上、それこそ様々な注文内容や、募集がはりだされていますので

これもまたサイトごとに比較して、検討してみるのもいいと思いますよ。

2 記事作成ライティング作業 どんな人に頼めばいいの?

では、具体的にどんなライターさんに記事作成依頼すればいいんだろう?

と思う方々もいるとおもいます。

色々な業種や形態、数多くのクライアントの登録があるように、仕事を受注する側の登録者数も大多数ですよね、そんな中、年配のおじいちゃん、おばあちゃんから、若い人だと高校生の

登録者もいるようです。

おそらく、ライティングや文章作成のスキルは、人によってまちまちバラバラなのことが予想されますね。

あなたが記事作成の依頼を募集して、この人たちの中の誰かから、コンタクトがあった場合、

ある程度のコミニケーションは必要になってきますが、あなたとその人で、相互間の

条件や要望などを、交渉してみるのもいいかもしれませんね。

予算の関係もあるとはおもうのですが、まずは一度、記事作成の依頼を発注してみるのがいいとおもいますよ。

あなたの要望にこたえられるような、ライターさんから記事を獲得できて、次も仕事を

依頼したい!なんてこともあるわけですからね。

あとひとつ注意点ですが、納品する前には、誤字。脱字が多くないかなども、あわせてチェックするようにしましょう

納品された記事などは、コピペチェックツールなどで、検品するようにしましょうね。

また仕事の形式には、タスク形式やプロジェクト形式などもあるので、ケースにあわせながら

臨機応変に、あなたの望むような原稿をてにいれてみてくださいね。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする