ガイアの夜明けでも登場した冷凍食品 おすすめランキング

1ガイアの夜明けでも登場した冷凍食品の人気ランキング

ふだんの食卓やお弁当に便利な「冷凍食品」賞味期限や保存可能期間が長くて、市販・通販で気軽に購入できるのが魅力ですよね。

忙しい現代人に重宝される原因は、一般家庭での冷蔵冷凍庫や電子レンジの普及なども大きな要因の一つですが、もう一つの原因、

その食品加工や冷凍技術もさることながら、最近では消費者のこまかいニーズにあわせた商品

開発などもすすんでいることも関係しているようですね。

鮮度や栄養面はさておき、「これ、ほんとに冷凍章句品なの!?」というほど美味しかったりする食品もあるようです。

2国内生産シェアは約75%を5社が占める寡占市場

  • 1位マルハニチロ
  • 2位ニチレイ
  • 3位テーブルマーク
  • 4位味の素
  • 5位日本水産

これだけの企業が日夜、研究開発、マーケティングなどをおこなって、営業活動を展開しているなんて、

なんとも驚きですよね。

最近言われだした、SDGsや食品ロスなどに、どこまで影響を及ぼしているのかは未知数ですが、大量生産、大量消費に一役買っているのは間違いなさそうですね。

3冷凍食品の種類や価格

冷凍食品を取り扱っている種類や品数は、小売店や通販業者によってまちまちですが、

業務用、家庭用ともにあわせると、相当な数の品目が市場に出回っているようです。

コロッケ、うどん、ギョウザにハンバーグ、スパゲッティやラーメン、チャーハンにピラフ

おにぎりやお菓子類、シュウマイやカツなどの揚げ物

水産物や野菜などの農産物、牛、鳥、豚などの畜産物など、枚挙にいとまがありませんね。

価格は一品¥100(税抜き)からなどもあるようですが、

一品¥200~¥300台が数多く売れているようです。

4冷凍食品を取り扱う際の注意点など

どの冷凍食品もパッケージなどの包装袋の裏面にさまざまな注意書きが書かれています。

マイナス18度以下で保存してくださいなどや、電子レンジで調理する加熱時間や

原材料にアレルギー物質が含まれていないかどうか。

自然解凍する場合の目安の時間や、お弁当に入れる場合には凍ったままいれてくださいの

アドバイス。

一度解凍した食品を、ふたたび冷凍すると食品の品質が変わってしまうなどなど、

最近の健康ブームもあってか、化学調味料や着色料などを無添加などをうたっている

品目もあるようです。



5冷凍食品おすすめランキング

冷凍食品おすすめ人気BEST10!おこもり食にもぴったり♪ | もぐナビニュース【もぐナビ】

https://mognavi.jp/news/matome/155069/

 1位の商品名 ニチレイ牛すき焼きめし
ニチレイ 牛すき焼めし 袋400g
https://mognavi.jp/news/matome/155069/

人気のすき焼きが焼き飯になったニチレイ牛すき焼めし

すき焼きの独特な味わいを出すために、濃口とたまりしょうゆなど2種類の醤油を使用。

牛バラ肉が大きくカットされ、食感のあるたべごたえ!肉の濃厚なうまみを味わうことができます。

トッピングに生卵をかけてみてはいかが?

 2位の商品名 日清食品 台湾まぜそば

日清食品冷凍 日清の台湾まぜそば 袋264g

https://mognavi.jp/news/matome/155069/

日清食品冷凍「日清の台湾まぜそば」が発売以来大人気!

醤油味のタレには唐辛子、黒胡椒、出汁のきいた魚粉が入って、あっさりとした旨みがありつつ、香ばしいスパイシーな味わいが楽しめます。

さすがはインスタント麺類のキングオブトップ、日清食品ですね。

また、製品改良により肉みそが増量したもようです!さらに美味しさがアップして、こちらも

人気商品。

 3位の商品名 トップバリュー おおもりナポリタン
トップバリュ ベストプライス 大盛り ナポリタン 袋360g
https://mognavi.jp/news/matome/155069/
トップバリューの「大盛ナポリタン」
我が家でできる、安い、早い、うまい!の三拍子がそろった人気商品です。
お値段も¥150以下となっていて、コスパ最強!
まさにバリュー価格ですね。

小麦粉デュラムセモリナを使った、伝統的なパスタ作りの手法といわれている、ブロンズダイスで作られたイタリア製造パスタを使用しています。

トマトの酸味とケチャップの甘みと旨みがほどよくお口のなかで、

うまみのハーモニーを奏でます。

4位の商品名 味の素 しょうが餃子
味の素 しょうがギョーザ 袋12個
https://mognavi.jp/news/matome/155069/

油、水なしで、簡単にころもがパリッと焼いてつくれる味の素「しょうがギョーザ」

にんにくは使用せず、代わりにショウガを効かせて、翌日のお口の匂いエチケットも気にせずに食べられます。

また使用している肉と野菜はすべて国産のため、中国産のお肉はちょっとな~、、などといった人や、産地が気になる人でも安心して食べられそうです。

 5位の商品名 なべやきやキンレイお水がいらない皿うどん
キンレイ なべやき屋キンレイ お水がいらない 四海樓監修 皿うどん 袋300g
https://mognavi.jp/news/matome/155069/

キンレイ「なべやき屋キンレイ お水がいらない四海樓監修 皿うどん」

ちゃんぽん、皿うどんと言えば、長崎県にある老舗中華料理屋 四海楼(しかいろう)

その老舗である名店の監修を受けたとあって、冷凍食品とは思えない本格派。

水要らずな上に、タレ、麺、具材が一緒という手軽さで、手間暇かけず、簡単に食調理して食べることができます。

イカ、きくらげ、キャベツなど数種類の豊富な具材が入っているのも嬉しいところ。

食べごたえやボリュームも大満足の一品。



6ガイアの夜明けに登場した冷凍食品について思う事

文明の機器、冷凍庫が発明されて以来、食品の長期保存を目的とした冷凍食品

普及と進化をとげてきた現代。

食料を豊富に収穫できている時に、冷凍保存しておけば、市場の食品卸売り価格の影響を受けにくいことなどの利点があるようです。

場合によっては、季節ごとにや収穫量、生産調整などによって影響を受ける生鮮食品より

割安になり、食料供給量などが安定するなど、依然として利点やニーズは存在するようです。

そしてただ食料を長期保存するだけではなく、さまざまな技術革新や、

企業努力によって、美味しさと食の安全をますます向上させていくことでしょう。

いずれにしても、まだまだ注目されていくこの冷凍食品業界。

あなたはどんな冷凍食品を味わってみたいとおもいましたか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする