マツコの知らない世界の 赤萩 瞳さんはどんな女性?雑誌eggとは?

1マツコの知らない世界に出演した赤萩 瞳さん雑誌eggの最年少編集長

画像】赤荻瞳の経歴!eggの編集長!収入や中退した高校を調査!|ハリーの自由帳

https://harry-san.com/akaogihitomi-keireki-egg

名前:赤荻瞳(あかおぎひとみ)

  • 生年月日:1996年9月6日
  • 年齢:24歳
  • 出身地:埼玉県
  • 職業:エムアールエー社長、egg編集長

ギャル系のファッション雑誌[egg]の最年少編集長だそうです。

凄いですよね~!

2ギャル系ファッション雑誌eggって?

egg』(エッグ)は、女性向けファッション雑誌ギャル系雑誌。

1995年、創刊。2014年7月号でいったん休刊。2018年YouTubeSNSを軸に『web版egg』として、復活させたそうです。

2019年5月1日、復刊号を発売~現在に至る。



創刊当時、女子高生を中心に大人気だった、このeggという雑誌は、 黒ギャルなどに象徴されるように、ブームがいったん下火になって2014年に休刊。

その雑誌を、この赤萩瞳さんのギャルサー活動や、イベント活動などを通じて、

見事、編集長に就任したそうです。

才能もさることながら、よほどギャルファッションやギャルと呼ばれる人たちのイベントが

好きなんでしょうね~

eggは復活をはたし、完売版も出るなど、人気の雑誌に返り咲いたようですね。

好きこそものの上手なれとはよく言ったもので、

赤萩 瞳さんの功績と尽力によるところが大きいのでしょうね。

1990年代後半に、当時の渋谷女子高生から発祥したこのギャル文化。

当時はルーズソックスや、コギャル、へそ出しルックなどの言葉も生まれましたが、

この令和の時代、どこまでブームの広がりを見せるかは未知数ですが、やはり今どきの女性の興味をひく何かがありそうですね。

いずれにしても、このギャル文化と雑誌「egg]を復活させた

赤荻 瞳さん

多彩な専属女性モデルさんの活動や、オーディションやイベント企画、オリジナルグッズの

販売などが盛りだくさんです。

ギャル文化を愛する情熱と才能で、ますます活躍してほしいですよね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする