花粉症が治ったブログ体験談

1花粉症が治る原因や治療方法もさまざま

https://www.photo-ac.com/

花粉症ほんとうにつらいですよね!毎年花粉が飛びかう季節になると、

目や鼻などにアレルギー症状がでる人にとっては、ゆううつで鬱陶しい気分にさせられてしまいますよね。

筆者も年齢30代の頃から、10年以上悩まされ続けました。

発症した体質異変の原因も不明でしたが、完治した時の体質改善の原因も不明のまま

今に至っています。

なんでも最近では、春先になると大気の3K(黄砂、気温差、花粉症)の1つに数えられるそうですが、

発症したのは20代も終わりにさしかかろうとする頃です、その年の前までは何ともなかったのですが、発症したその年、もう目の周りは痒いは、鼻水は止まらない、ヒドイ時はのどの痛みも治まらないなどの、なんともしんどい思いを毎年のようにしてたものです。

耳鼻咽喉科に診断してもらいましたが、どうやらスギ花粉症との事。

突然の出来事と、身構えることも心の準備もできないまま、季節の間は花粉に翻弄される日々。

病院から処方されたお薬(点鼻、点眼、内服薬)はほぼ効かない、マスクをしてもあまり症状はかるくならず、完治するかどうかはわからないまま、こりゃ治療代もばかにならないな~

などと思いながらも、

衣服についた花粉や、干した布団や寝具にも反応してしまうありさま。

ほんとにも~、植林した杉の木全部切り倒して~、とすら思ってしまうこともしばしば

ありましたね。

心底辛いときは藁をもすがるおもいでしたね。

耳鼻咽喉科ではアレルゲン免疫療法、舌下免疫療法(スギの花粉の成分を少しずつ体内にとりこんで徐々に体質を改善)していく方法などがあります。

また投薬治療には、抗ヒスタミンやステロイドなどがありますが、治療が長期にわたることや、副作用などの問題もあって、筆者は長続きしませんでした。

その人その人の体質などにもよりますが、完治や根治にいたるまでは、やはり

それなりの費用や労力、治療にとらわれる時間などがかかってしまうようです。



2試してみた民間療法

体質改善がポイントなんだな、などとおもいながら、

それからというもの花粉を避ける事と、メディアから報じられる花粉情報には人一倍敏感に

なっていました、そして漢方の○○がいいよとゆう情報があればそれを試してみたり、

ヨーグルトの乳酸菌がいいと言われれば、2週間の間食べ続けてみたりなど、

さらには、何種類かのハーブがブレンドされている、ハーブティーを常飲してみたりなど。

出来る範囲でいろんなこと試してみたような感じです。

あくまで個人差があるので参考になるかは分かりませんが、赤紫色のしそを、何十枚も束にしたものを、梅干しと一緒にした自家製濃縮エキスを、炭酸で割ったものを飲んだ日は、

比較的、症状が軽くなる日などもありました。

薬や注射、西洋医学の治療法などが、体質に合わなかった場合など、ご自身で色々と

調べてみて出来る範囲で試してみるのも、1つの治療法かもしれませんね。

https://www.photo-ac.com/

3完治するまでに試してみた症状軽減策

これはもうダントツに、ワセリンでしたね!とても重宝して花粉の季節には手放せないものになっていましたね。

鼻の下に塗る、目の周りや、口の周りなどにも、1日数回薄く塗るなどの習慣にしたところ、

花粉がワセリンに付着して、体内に侵入するのをある程度ふせいでくれたようです。

このワセリンには本当に助けていただきました!

皮膚にも優しい低刺激、保湿の成分などもあり、赤ちゃんの肌などにも使われるくらいですからね。

治るまでの間、花粉症対策必需品となりました。

ともあれ筆者は10年以上続いた花粉症が、ある年を境に、ピタっと治りました。

完治した年になにか特別な事をしたという記憶はないのですが、

なんの前触れもないまま、治ってしまうこともありますからね。

今現在、花粉症でお悩みの人も、諦めずにどうにかこの季節を乗り切ってみて下さいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする