カンブリア宮殿に出演 秋元里奈さんはどんな女性?食べチョクとは

1秋元里奈さんのネット通販サイト「食べチョク」とは?

農業はもうからない?安定志向から一転、起業の道に進んだ理由/秋元里奈・ビビッドガーデン社長 | イノベーターの育ち方 | ダイヤモンド・オンライン

https://diamond.jp/articles/-/261833

秋元里奈さんは2016年に農業ベンチャー「ビビッドガーデン」を創業、いまやメディアにも

多数出演する、農業界などにも旋風を巻き起こしている起業家の女性です。

農家さんや、生鮮品生産者の新しい販路や流通を築いていき、一次産業に変革を起こしているといっても過言ではありませんね。

食べチョク代表 秋元の初書籍「365日 #Tシャツ起業家」の発売記念キャンペーン | 食べチョク

https://www.tabechoku.com/

著書である単行本もKADOKAWAから出版されているそうです。

ぜひとも読んでみたいですね~

2昔からあるの農産品の売り方

野菜無人販売所 - 松風Ⅱ

https://blog.goo.ne.jp/

昔ながらの農作物販売所

JA全中(一般社団法人 全国農業協同組合中央会)

https://www.zenchu-ja.or.jp/

無人販売所で、ピッタリのお金がなかったら・・・ -皆さんの家の近くに- 【※閲覧専用】アンケート | 教えて!goo

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8563340.html

むかしから農家さんや生産者と言えば、農業協同組合であるJAや漁協などをイメージする人は多いいのかもしれません。

ですがこのJA、農業生産力の増進と農業者の経済的・社会的地位の向上を図るための協同組織とされていますが、生産者である農家さんを守ると言っている割には、

組織の肥大化や存在意義など、さまざまな問題を抱えているようですね。

(郊外に行くと場所によっては無人販売所などを見かけたりもします)



3斬新で画期的なアイデアの数々「食べチョク」とは?

VOYAGE VENTURES、こだわり食材のオンライン・マルシェ「食べチョク」を運営するビビッドガーデン社に出資|株式会社VOYAGE VENTURESのプレスリリース

https://www.atpress.ne.jp/news/195098

産地直送とは生産者と消費者が直接取引をおこなう流通形式の1つですね。

卸売業者や小売業を通さないので上乗せされない分、比較的安い値段で購入できる、

生産者が自信をもって値段を決められる、などのメリット、

消費者も顔の見える生産者から、

こだわりのある無農薬野菜などを、安心して、安全に、またどこよりも新鮮な

食材を購入できるとあって良いことずくめですよね。

なによりも鮮度や栄養価などもバツグンなだけあって、本当に美味しいのでしょうね。

この「食べチョク」(web上でユーザー登録すればすぐ使えるようになります)

今までにもあった既存の産地直送と、ひとあじも、ふたあじも違うそうです。

作り手と買い手が、直接コミュニケーションをとれる機能が用意されているんだそうですよ。

さらには食材である商品を、生産者が直接箱詰めするそうなので、

よりダイレクトに鮮度をたもったまま、場合によっては最短で収穫当日に商品を受け取ることができます。

こだわりと自信をもって食品を提供している生産者のみなさんと、消費者であるユーザーが

交流できるといった点は、なんとも素晴らしいことですよね。

気に入った食材などを提供してくれる生産者さんなどの、ファンになってしまうユーザーも、きっとたくさんいるのではないでしょうか。

いずれにしても、この秋山莉奈さんが率いる「食べチョク」

コロナ禍やライフスタイルの変更、宅配や配送の増加なども手伝って

爆発的に登録者や会員数が増えているそうですが、

日本の衰退しそうな一次産業の救世主として、これからもおおいに注目が集まりそうですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする