マツコの知らない世界 桃の食感カブ?もものすけはどんなかぶ?

1マツコの知らない世界に登場したカブは本当に桃のような食感なの?

まるで桃の食感のような野菜、カブの品種があるそうです。その名も

「もものすけ」

一般のカブにはない独特の食感が特徴だそうですね。

その肉質はやわらかく、ほんのりとした甘みがありジューシーなので、サラダなどで生食などにも適しているようです。

聞きなれないこの「もものすけ」なかなか珍しいので、詳しく調べてみることにしました。

サラダカブもものすけ 基本の使い方と絶品レシピ | 農Pro 知らなかった野菜のおいしさ

http://noupro.jp/momonosuke



2もものすけの旬やレシピ 栽培や種などの情報

もものすけは、新品種の野菜などの開発、販売している種苗メーカー

ナント種苗株式会社が開発した赤カブの一種だそうです。

大きさは一般的なコカブ程の大きさで、少し切り目をいれれば、『手で皮が剥ける』というのが特徴ということで、

中の果肉は薄く紅が差し、まるで桃の果肉のような感じに品種改良したようです。

フルーツサラダだけあって、「生食」が一番のおすすめのようですね。

その他マリネや、一般的な浅漬けやピクルスなどにしても、美味しい食感が楽しめるそうですよ。

もものすけ(サラダカブ) - 家庭de菜園~うぇぶたねやさん~

https://kateide-saien.com/

種も市販されているそうで、通販や楽天市場などでも売っているようです。

ホームセンターなどで売っている土袋や、プランターなどの

家庭菜園などでも、比較的簡単に育てて栽培収穫できるそうですね。

露地ものなら10月下旬から1月中旬が、しゅんの時期などと、うたわれているそうです。

写真

https://kateide-saien.com/

ひところ愛知県の農家さんで、栽培がさかんになったみたいですが、今では、

北は北海道から、南は鹿児島まで、全国各地で生産されていて、

産地化にむけて、力を入れている農家さんなどもいるそうです。

北国や寒冷地などでは、ハウス栽培などもありそうですよね。

とはいえ、産地がどこであっても、皮が手で簡単にむけて、食感がまるでもものようなことには変わりはなさそうです。

写真

https://kateide-saien.com/

写真

https://kateide-saien.com/




3野菜バイヤー 小堀夏佳さんが紹介するもものすけの知名度はいかに?

いまのところ、生産量や出荷される流通量などともに、一般の市場に出回っているとはいいがたいところなので、スーパーなどではお目にかかる機会もなかなか少ないかもしれません。

とはいえ、マツコの知らない世界で野菜バイヤーの専門家である、小堀夏佳さんに紹介された

影響やはんきょうによって、今後、

知名度があがって「もものすけ」の評判や話題があつまれば、

一般の市場や、近所のスーパーなどでも、かんたんに手に入れることが出来るようになるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする