モバイルハウスとはどんな生活様式?

1新しい生活様式モバイルハウスとはなんなのか?

ここ最近話題になりつつある、モバイルハウス。

とってーも、気になった人も増えつつあるんじゃないでしょうか?

このモバイルハウス、一体全体どのような、作りや構造をしているのでしょうか?

今回は気になった方向けに、徹底調査してみた結果をご紹介してまいりたいと思います。







2もともとはキャンピングカーが発祥と言われている

キャンピングカーいいですよね!アウトドアが好きな人や、野外でのアクティビティ向きの人にとつては、憧れる間半端ないと思いますね。

このキャンピングカー、古くはアメリカでトレーラーハウスなどと並び、

整備されたキャンプ場などで、宿泊して休日を過ごすなどの、デスティネーション・キャンピングといわれるものが、発達してできたそうなんですね。

一種のレジャー形態ですが、ようするに車で移動して、目的地など停車した車の中で車中泊できる設備のことを指しているそうです。

なんだかいいですね。

旅行しながら自分の気にいった場所を選んで、寝泊まり出来るという事ですからね。

このキャンピングカー、日本ではどういった扱いになっているのでしょうか?

基本的に規格や大きさは自動車によって、様々ですが、道路運送車両法に定める自動車として登録すれば、運航が認められるそうです。

この他にもキャンピングカーとしての特殊用途自動車、構造要件として、寝台があり、

調理設備なども必要なようですね。

また、お湯を沸かせたり出来る熱源や、調理スペース、水道設備や汚水を貯蔵出来る設備なども必要になってきます。

3キャンピングカーとモバイルハウスどう違うの?

基本的にモバイルハウスとは、軽トラックの荷台に乗せた小さな家

移動できるお家ということらしいんですね。

キャンピングカーとの違いは、ビルダーや自動車メーカーが製作したものではなく、荷台に乗せる箱型の家のほうは自分で制作することを指すそうです。

市販の既製品を購入するよりも、材料費だけでなんだか安く済みそうな感じもしますね。

工作やDIYなどか好きで、得意な人であれば、家を制作する楽しみなどもありそうですね。

別名「軽トラハウス」

移動する軽トラックはもちろん自動車メーカーから購入するのですが、寝泊まりする家のほうは自分で作ってしまおうというわけですね。

自分で作るだけに、デザインの自由度が高そうですが、家とはいえ道路交通法的には、軽トラックの荷台に乗っているので、あくまでも荷物扱い。

最大積載サイズや荷台からのはみだしていい長さなどには、決まりがあるようです。

また荷台には人が乗ってはいけないとの理由から、車両移動中にはハウスの中には人が居てはいけないんだそうです。

あくまで目的地に到着してから、もしくは休憩中の停車した状態で、人が過ごすスペースということなんですね。

なんだか調べていくうちに、ますます興味がわく「モバイルハウス」

これはちょっとしたブームになりつつあるのも、納得がいきますね。

次からは、さらに詳しくモバイルハウスについて調査してみたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする