ワンピース最悪の世代 最強の海賊ランキング覇王色の覇気とは

ワンピース最悪の世代 海賊たちランキング

2021年6月、ワノ国では百獣海賊団とビッグ・マム海賊団たち、麦わらの一味や侍の同盟の

衝突が激しさを増しています。

またワノ国編では、以前では明確にされなかった、最悪の世代たちの能力が明らかになったと言えるのではないでしょうか

最悪の世代の中でも、特にバジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーの能力の判明などは、衝撃的なシーンと言えるかもしれませんね。

そこで今回はそんな能力や強さがより明確になった、最悪の世代で最強の海賊は誰なのか?

ランキング形式で発表しようと思います!

最悪の世代で誰が最強の海賊なのかを発表します(あくまでも独断と偏見です)

ただランキングを発表するのではなく、それぞれの海賊の特性なども紹介してみたいと思います。




12位 キラー

ユースタス・キャプテン・キッドの仲間で、人斬り鎌ぞうとして登場するまで、

素顔が謎に包まれていたキャラクターです。

手に仕込まれた刃物を使って相手を斬るのが主な戦闘スタイルと言えるでしょう。

また侍や刃物を使う海賊と違い、大胆でアクロバティックな動きを繰り出します。

斬撃を飛ばす描写が未だ確認されていないため、肉弾戦が得意なキャラクターと言えそうですね。

その身軽な体術からもわかる様に、真っ向勝負を挑む相手の攻撃を簡単に避けることも可能でしょう。

人造悪魔の実スマイルを食べさせられ、性格は変わってしまっても、なおキッドのために

戦うキラーの活躍に期待がもてそうですね。

11位 ドレーク

世にも珍しい動物(ゾオン)系悪魔の実、古代種の能力者です。

最悪の世代の中でも頻繁に立場を変えており、登場当時は海賊として公表されました。

しかしドレークは百獣海賊団の一員であると同時に、海軍の特殊部隊のメンバーでもあるのです。

ナンバーズの1人を一撃で倒す実力も相当なものと言えるのではないでしょうか。

ですが動物系であるがゆえに、肉弾戦を主な戦い方とするのは、最悪の世代間の勝負では不利にはたらきそうですよね。

武装色の覇気を考慮してもローやホーキンス、ティーチやアプーなど、

相性が悪い相手は多いと考えられます。

ドラゴンのように炎を吐くことが出来る能力があれば、強さやランクアップも見込めますが、

今のところまだそのような描写はないようですね。




10位 ジュエリーボニー

最悪の世代で唯一の美女キャラです、ミステリアスで謎が多いキャラクターと言えそうです。

悪魔の実の名前は不明ですが、いままでの描写から、その攻撃で、戦闘時に相手となる敵の年齢を自在に変えることができる能力の持ち主です。

似たような能力者として、映画『ワンピース・フィルムZ』に登場したアインがいます。

アインの能力は、触れた相手を1度触れる度に12歳若返らせることが出来ます。

一方でボニーは若返るだけでなく、老いさせることも出来る点が大きな違いでしょう。

ボニーが海軍の年齢を操作したとき、老いた海軍は本物の老人のように体も弱っていました。

年齢だけでなく、肉体的にも影響を及ぼすボニーの能力は、相当厄介で、質の悪いものと言えそうですね

1度はティーチに負けて海軍に捕まるも、その後ボニーの姿はドレスローザやマリージョアで目撃されています。

なぜ海軍から逃げられて、マリージョアにまで侵入したのでしょうか?

誰かを恨んでいるような描写などもたびたびあり、ボニーの素性は多くの謎が残ります。

ボニーの過去や素性など、彼女の全容が明らかになる日は来るのでしょうか?

9位 ウルージ

最悪の世代の中でも登場が極端に少なく、謎が多いキャラクターです。

そのポテンシャルや、能力などの全容もあきらかになっていません。

シャボンディ諸島での描写から、超人(パラミシア)系の能力者で、ダメージを受けると

パワーアップするのが特徴と考えられます。

仮に受けたダメージに比例して力を増す能力で、これにあわせて武装色の覇気も使えると

した場合、怪僧と言われるだけあって、その強さは未知数といえるでしょう。

さらに最悪の世代の1人というだけあって、ビッグ・マム海賊団の将星を1人倒したのも

ウルージでした。

次にどの様な登場の仕方か予想もつきませんが、次に登場するのが楽しみなキャラクターと

言えそうですね。

8位 ユースタス・キャプテン・キッド

悪魔の実の能力で金属を引き寄せたり、反発によって飛ばしたすることが可能です。

最悪の世代の中でも野心に満ち溢れた性格を持ち、シャボンディ諸島のシャッキーによると

民間人たちにも多くの被害をあたえています。

金属を引き寄せるキッドの能力は、刀や大砲が戦闘武器として、多用される海賊の世界では

とてつもない驚異になることでしょう。

シャボンディ諸島では、オークションハウス内にも能力が影響している描写が見られました。

更に鬼ヶ島においてもあらゆる方角から敵の武器を奪っていることから、通常の磁力では

適用されない範囲にまで、能力が有効であることが分かります。

赤髪海賊団との抗争で失った腕も、金属を集めることで代用し、鬼ヶ島でビッグ・マムと対峙しているのです。

今後の展開しだいでは、注目の海賊になることは間違いないでしょう。




7位 ロロノア・ゾロ


麦わらの一味の三刀流の剣士で世界一の大剣豪になるべく、ルフィと共に旅をしています。

海上レストラン・バラティエでミホークに敗れ、上には上がいるという世界の広さを思い知りました。

アラバスタで鉄さえも斬れるようになり、必殺技の斬撃を飛ばせるようになったのです。

ゾロは最悪の世代では珍しく悪魔の実の能力を持たず、堅実な成長を目指しています。

最悪の世代で悪魔の実を食べていないのはゾロとキラーだけです。

ゾロは覇気を習得して以降、自然(ロギア)系の能力者にも対抗できるようになりましたが、

モネ相手には胆力と気迫で勝つという勝ち方を見せつけました。(古武術的要素か?)

四皇のメンバーと、さしで渡り合うほどに強くなったゾロですが、

遠隔操作系や、相手に触れずにダメージを与えたりする能力者に対しては、その強力な剣術

がどこまで通用するのかわかりません。

最悪の世代には、ローやアプーのように敵に触れずにダメージを与えることのできる能力者が多く存在するのです。

この様な理由から、麦わらの一味の中ではかなり上位の強さを誇るであろうゾロも、

最悪の世代の中で見ると、その実力も上位とは言えなさそうですね。

6位 カポネ・ギャング・ヘッジ

シロシロの実の能力者で、体から沢山の騎馬兵を出すことが可能です。

敵を体内に取り込むこともでき、ベッジの体内の空間は、ベッジの思い通りに変化します。

今までには、ルフィたちとビッグ・マム暗殺に挑むも、失敗に終わってしまいました。

ですが目的のためならば手段を選ばないベッジの性格は、敵に回すと相当厄介なことになると

言えるでしょう。

狡猾にもベッジは、ビッグ・マム暗殺にあたり、ビッグ・マムの傘下に一時的に加わっていたのです。

シロシロの実の能力による騎馬隊の戦闘力は、不利になっている戦況でも、

一気に形成を逆転させる可能性を秘めています。

ベッジが覇気を使えたとしても、出現した騎馬隊とベッジは分離されていることから、

騎馬隊や騎馬兵自身が、ヘッジ同様に覇気を使うことは不可能でしょう。

そういった理由からロギア系の能力者相手には、ベッジの戦闘スタイルは弱いと言えそうですね。

しかしベッジの体内にいれば仲間は守られることや、体内に取り込んてしまえば圧倒的優位に立てることは強力な能力といえますね。

ビッグ・マムがワノ国に着いてからベッジの姿は見かけませんが、今でもビッグ・マム暗殺は諦めていないと考えられます。

次回の登場時には、もしかするとルフィたち麦わらの一味と、激戦を繰り広げることになるかもしれませんね。

5位 バジル・ホーキンス

ワラ人形の呪い、呪術師という名にふさわしい、ワラワラの実を食べた能力者です。

体に敵の命を宿した藁人形を隠し持ち、それらが全滅しない限りホーキンス自身には

ダメージが効かない戦闘力には誰もが驚いたのではないでしょうか。

口封じに来たローに対しては、ローの仲間の命を体に宿すことでローが手出ししにくい状況を作り出したのです。

武装色の覇気をまとった相手であっても、藁人形を使いこなすホーキンスは簡単にはやられないでしょう。

ルフィやゾロが体験した、藁人形(ストローマン)ズカードにも、まだまだ私達が知らない可能性を秘めていると思われます。

つまりホーキンスには、まだ知られていない謎に秘めた、未知数の強さがあると考えられるのです。




4位 トラファルガー・ワーテル・ロー

元王下七武海の1人で、オペオペの実を食べる能力者です。

ROOMと呼ばれる特殊な空間を作り出し、空間内におけるあらゆる物を自在に操ることができます。

(まさにドクター、ミスター外科医手術室ですね・・・)

敵を生きたまま切り離したり、性格を入れ替えたりなどROOM内でローは、無敵を誇ると言っても過言ではないでしょう。

それ以外にも驚異の能力、ガンマナイフは体内から敵を破壊する強力な攻撃技です。

最悪の世代の中でも超強力な能力持っている反面、ROOMの維持には、絶大な体力を消耗することをローは表明しています。

それらの条件を差し引いたとしてもなお、敵を思い通りにさせない空間を作れるローは、

最悪の世代の中でもかなり上位の実力者と言えるでしょう。

3位 マーシャル・D・ティーチ

元白ひげ海賊団2番隊隊員でありながら、白ひげ海賊団の鉄の掟である、仲間殺しをした言わずとしれた四皇の1人です。

物語序盤から黒ひげの名前は度々出ていましたが、初登場のジャヤではまだ無名の海賊として登場しました。

しかしポートガス・D・エースを討ち取って王下七武海になり、頂上戦争では白ひげから

グラグラの実を奪ってみせたのです。

ヤミヤミの実の能力はあらゆる能力者にとって脅威になり、グラグラの実の能力は

全世界中の市民にとって絶望の原因となりそうです。

最悪の世代の中においても圧倒的な強さを誇るティーチですが、他のロギア系と違って、

攻撃を受け流せないという弱点も見当たります。

四皇に成り上がってからも精力的に海賊活動を続け、世界会議の決議を受けて、また

なにやらよからぬことを目論んでいるようですね。

虎視眈々と海賊王の座を狙う黒ひげ海賊団の動きを、これからも注視していきたいですね。

2位 スクラッチメン・アプー

最悪の世代の中でも、比較的穏やかと言われている手長族の一員です。

悪魔の実の能力者で、世界中でも類まれなる珍しい音を使った能力を使います。

アプーの攻撃範囲は、音が聞こえる範囲すべてにその効力が及びます

つまりどんなに離れていても音が聞こえればダメージを受けてしまうという、大変強力な能力の持ち主がアプーなのです。

この攻撃を防ぐために、耳栓や音が聞こえないように耳をふさいでしまえば、

アプーの攻撃を受けることはありません。

しかし音が聞こえなければ、他の敵が攻めてきたときに対処が難しいだけでなく、仲間同士の連携も取りづらいでしょう。

この強力で独特な攻撃を防ぐために、あらゆることが不利になってしまうといった二律背反が起こってしまうのです。

ロギア、パラミシアそしてゾオン系とあらゆる能力者に対して覇気ではなく、音で圧倒的優位に戦えるのはアプーの最大の特徴と言えそうですね。




1位 モンキー・ルフィ

もちろんこのキャラクター

革命家ドラゴンを父にもつゴムゴムの実の能力者、言わずと知れたワンピースの主人公です。

様々な強敵と戦う中で大きく成長し、覇王色の覇気を使うこともできます

銃弾や打撃など、物理的攻撃が効かないゴムの体は、従来通りそれだけで戦いで有利になるでしょう。

武装色の覇気によってロギア系の能力者とも渡り合えるようになっただけでなく、予知的能力

見聞色の覇気で、少しだけ先の未来を見通すことも出来るようになりました。

ワノ国では流桜を習得するだけでなく、覇王色の覇気もスキルとして身に着けました。

この流桜や覇王色の覇気を纏うことは、戦う相手や強力な敵などにも、絶大な威力を発揮することでしょう。

パラミシア系能力者でありながらも、敵に触れずに戦う術をルフィは手に入れたのです。

ワノ国編も佳境を迎え、戦いは更にヒートアップしていきそうです。

ルフィがこれからどれだけ強力になっていくのかも、みどころの一つと言えそうですね。

最悪の世代 覇王の証 覇気が使えるのはだれ?

ここからは、最悪の世代の中でも覇王色の覇気を使えるキャラクターについて振り返ります。

覇気を使う場面が描写されている最悪の世代は少ないのですが、おのおのの海賊の強さから

覇気を使えると予測されそうなキャラクターは多いはずです。

今回は今まで実際に、覇王色の覇気を使った、明確な描写がある2人のキャラクターに焦点をあててみていきたいと思います。

ロロノア・ゾロ

覇王色の覇気によって敵を気絶させた描写はありませんが、2021年5月発売の週刊少年ジャンプの回で覇王色の覇気が発生して見えています。

鬼ヶ島上空でカイドウを斬ったとき、カイドウはゾロに「お前も覇王色の覇気を使うのか」と問いただしているのです。

しかしカイドウの問いかけに対してゾロは「?」と答え、今はまだ無意識に発動している状態と考えられます。

万が一。ゾロも覇王色の覇気をその身にまとう事が出来たとしたら、ルフィを超えるほどの成長スピードになる可能性も出てきました。

カイドウほどの海賊が、武装色の覇気と覇王色の覇気を見間違えるとも思えません

一瞬でも無意識にゾロは覇王色の覇気を使ったと見て、差し支えないのではないでしょうか?

ゾロは刀が黒刀に成るかもしれないという面でも、ワノ国編で注目されているキャラクターです。

カイドウの発言によって、今後のワノ国編からより目が離せなったことは間違いありません。

ゾロが自覚して覇王色の覇気を使うシーンが、もしかしたらワノ国編で見られるかもしれませんね。




モンキー・ルフィ

ちょくちょく覇王色の覇気を使う場面が描写されているのがルフィです。

シャボンディ諸島に入る前から、ルフィが威圧して敵を倒すシーンが見られます。

初めはデュバルのペットであるモトバロを威圧して倒し、女ヶ島と頂上戦争では無意識に

覇王色の覇気を発動して周囲を気絶させました。

レイリーの修行のもとで自らの意思で操れるようになり、ドレスローザでは2度も覇王色の衝突を起こしたのです。

覇王色の覇気をまとうことを覚えたルフィが、どんな新しい技を繰り出し、どんな戦い方をするのか、ますます目が離せなくなりそうですね。

最悪の世代 今後の展開はいったいどうなる?

ワノ国には12人の最悪の世代のうち、6人が居合わせています。

カイドウが理想とする新鬼ヶ島計画が達成されるのか、もしくはルフィたちに、

百獣海賊団とビッグ・マム海賊団は敗れるのか?

予断を許さない状況などを迎えているのがワノ国です。

もし、カイドウたちが負けワノ国が無事開国したら、その後、最悪の世代たちはどう動くのでしょうか?

気になる点が無数に存在するワノ国編ですが、次では2つの事柄に関して考察していきます。

最悪の世代ジュエリー・ボニーの正体と思惑

まず初めに気になるのが、ジュエリー・ボニーの行動や目論見です。

燃える島で黒ひげに敗れ、1度は海軍に捕まったボニーはマリージョアにいます。

ボニーを捕まえたのは最高司令官サカズキが率いる海軍船です。

徹底的な正義を掲げる連中から逃れるのは、ほぼ不可能と考えていいでしょう。

しかし現にボニーは海軍の手から逃れ、マリージョアに到達しています。

しかもマリージョアでは、ソルベ王国王太后コニーとして歓迎されているようでした。

またボニーには繰り返し発しているセリフがあります。

それが「(あいつら)絶対許さねぇ」です。

ボニーのセリフは1つはサカズキに向けて、1つは天竜人に向けて発せられていました。




ボニーは海軍や天竜人に何か恨みがあるのでしょうか。

サカズキはボニーを連行する直前、「お前が政府から逃れたと聞いたときはひやりとした。」と述べています。

またボニーがコニー皇太后としてマリージョアに潜入した直後、天竜人を乗せたボロボロのバーソロミュー・くまが登場していました。

元王下七武海でありながら革命軍の一員でもある、くまの紹介文には元ソルベ王国国王の肩書が見られたのです。

つまりボニーとバーソロミュー・くまは同じ国出身で、ボニーは1度海軍に捕まっていたと考えられます!

天竜人に向けた「あいつら絶対許さねぇ。」というセリフは、くまを傷つけたことに対してなのかもしれせんね。

また皇太后という身分から、ボニーはソルベ王国前国王であるバーソロミュー・くまの妻だったことが分かります。

ボニーがかつて捕まった理由は分かりませんが、ボニーが逃げ出した罪を、くまがかくまったとしたらどうでしょうか?

くまが人間兵器になったのは、政府との取引が理由であることが既に明らかになっています。

取引とはボニーの罪を見逃す代わりに、政府の人体実験の材料になるという条件だったのではないでしょうか。

よってサカズキに対しての「お前ら絶対許さねぇからな!」というセリフは、

くまを感情のない殺人人間兵器にしたことに怒っていたのかもしれません。

ボニーがマリージョアに潜入した理由はもしかすると、バーソロミュー・くまの救出だったのではないでしょうか?

海賊たちの同盟はあるのか?最悪の世代の思惑

ワノ国には様々な勢力が混在しています。この国にある海賊同盟は次の通りです。

  • 麦わらの一味、ハートの海賊団とミンク族、ワノ国の侍
  • 百獣海賊団とビッグ・マム海賊団

キッド海賊団とオンエア海賊団、ならびにホーキンス海賊団の同盟はすでに破綻しています。

ここで気になるのが、万が一ルフィたちが勝った場合、同盟関係はどうなるのかということです。

ルフィたちの勝利とは、百獣海賊団とビッグ・マム海賊団の同盟団が敗れることを意味します。

その際はキッド海賊団の生存も考えられるでしょう。

百獣海賊団にはホーキンスやアプーそしてドレークもいるからです。

ドレークの立場がどうなるのかは、海軍における立場が不明確なため、予測のつかないことも多いでしょう。

ホーキンスとアプーが生き残った場合には、また新たに最悪の世代同士の抗争が勃発する可能性も0とは言えなさそうです。

ルフィたちの同盟は打倒カイドウを目的としていました。

カイドウが倒れた後、果たしてハートの海賊団と麦わらの一味は対立するのでしょうか?

ルフィ自身がローを大変気に入っていて、同盟の意味も正確に捉えられていないことから、

麦わらの一味から、戦いを仕掛ける可能性は低そうです。

もしローが海賊王の座を狙っているとしたら、どうでしょうか?

カイドウを倒した後に、ローとルフィ、キッドやアプー、そしてホーキンスの5人とその仲間たちによる抗争に突入する可能性は高いと言えるでしょうか?

ワノ国の戦い中で、ローはDの意志について興味を持ち始め、ニコ・ロビンにポーネグリフの場所を聞くシーンも見られました。

ローの戦闘中の行動は、ロシナンテから聞かされたDの意志に関する話がきっかけになってるに違いありません。

ニコ・ロビンがいなければポーネグリフは解読できず、ルフィの存在はDの意志について知るにあたって何か手がかりになる可能性もあるでしょう。

これらのことからも、海賊同盟の目的が達成されても、ハートの海賊団と麦わらの一味は互いに協力し合い、他の最悪の世代たちとの戦いが始まることも予想されますね。

いずれにしても、それぞれのキャラクターの思惑や勝敗の行方によっても、物語の性質が

大きな変化を迎えそうですね。



最悪の世代 まとめ

今回は最悪の世代の中で誰が最強なのかをランキング形式で発表してみました。

これまででは、謎の多いキャラクターたちも、今後の活躍によっては大きくランクアップする可能性は大いにあります。

更にワノ国で激しさを増している百獣海賊団及びビッグ・マム海賊団の海賊同盟との戦いが終わった後、何が起こるのかについてもサクッと予想してみました。

最悪の世代は、それぞれが海賊王の座を狙う一筋縄ではいかない強力な連中です。

ドフラミンゴはインペルダウンへ送られる最中、「誰が誰を裏切る?誰が誰に加担する?」とまるで今の状態を予言するかのようなことを言っていました。

今後のワンピースで注目すべき点はまさに誰と誰が手を組み、協力と裏切り、損得や利害関係

呉越同舟や、それぞれの打算や思惑などで変わる集合離散が見どころになりそうですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする