2021年4月台風2号フリゲ発生! 風水害や防災で備えるべきこと

1 2021年台風情報 台風2号フリゲ発生

気象庁の発表と予報では、フィリピンの東海上で熱帯低気圧が2021年4月14日に

台風2号になったそうです。

台風情報 台風2号(スリゲ)発生 非常に強い勢力に発達予想 今後の情報に注意 - ウェザーニュース

https://weathernews.jp/

最大瞬間風速、数十メートル以上の非常に強い勢力になる予想だそうです。

台風2号という事は、今年に入ってから1号は発生してたの?などと思ってしまいますが、

もうすでに、今年に入ってから2月18日に、やっぱりフィリピンの東海上で発生していたようです。

進路はまだ不確実性が高いそうで、日本への影響や上陸の可能性は不明なんだそうですが、

(どの台風でもそうだと思うのですが・・)

そして台風が発生するごとに毎回毎回、名前が付けられるそうなのですが、今回の台風2号

その名も「フリゲ」

どうやって名前がつけられるの~?などと気になって、ちょいと調べてみると、なんでも

国際機関である台風委員会の加盟国が提案する、名前が予め140ばかり用意されていて発生順に命名されるそうです。



ちなみに2019年9月9日に関東地方に上陸して激しい被害をもたらした台風15号は

ファクサイ

2019年10月12日に東日本の広範囲に、記録的な大雨で甚大な被害をもたらした台風19号は

ハビギス

どちらも激甚災害指定されて、後々日本政府から

令和元年房総半島台風」や「令和元年東日本台風」などと命名されていましたね。

ほんとうに怖いですよねー!台風って!!

なんでも過去には、4月に日本にも上陸した記録などもあるそうですから、油断は禁物といったところでしょうか。

異常気象などで、ここ近年、日本でも各地で被害が多いのが気になるところなので、

おさらいとして、今一度防災に関する項目を振り返ってみました。

2台風情報&防災

風水害 直前/発生時
・家の外周りなどををチェックする
雨戸・網戸の固定、側溝・排水溝・雨どいのつまり確認、植木や私物の除去や移動。

・家の内外の備えをチェックする
風呂場に水を溜めておく。万が一割れた場合の窓ガラス飛散防止

・物の備えをチェックする
飲み水や食料備蓄、残薬確認、停電&断水対策確認  スマホやパソコン等の充電

・避難判断の為の最新の防災情報を入手する
防災スマホアプリ、防災SNSフォロー、台風情報収集。

・自分や家族にあった避難を考える
ペット対策、メンタルケア、地域リスク、避難判断が遅れないように。

・危険な場所には近づかないこと。
河川、用水路、地下施設、アンダーパス、急傾斜やガケ

・避難する直前に必ず確認すること
非常持ち出し袋の中身の確認、身支度、防犯対策

・避難するときに必ず気を付けること
停電対策、浸水の危険性はないか? 移動手段はどうするか?

もちろん被害がないに越したことはないですが、万が一被害にあいそうなときに後悔しないように、「備えあればうれいなし」

通常時の心構えが肝心なんだな~、などと思ってしまいました。

みなさんも是非、早め早めに気にかけてみてはいかがでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする