Zoomの始め方マニュアル

1  Zoomのビデオチャットサービスを使ってみよう!

ここでは最近特に耳にすることが、多くなったZoomについてお伝えしていきたいと思いますす。

ここ最近、コロナなどの影響もあり、ウェブ会議やリモートワークなどでも、
すっかり定着した感のあるズームですが、

まだ使ったことのない人や、これから使ってみようと思っている人向けに

ズームの登録の仕方や、使い方などざっとご紹介していきます。

ズームとはクラウド型のビデオチャットサービスです。







他のスカイプなどのビデオチャットシステムと比べてみても、高画質、高音質

接続性の安定性など、そして簡単な操作性、どれをとってみても、

多くの企業や個人が使っている国内トップシェアだということが納得できるはずです。

会議の主催者はアカウントを登録する必要がありますが、

もしあなたがリモート会議などに参加するだけの場合は、

ズームアプリを事前にインストールするだけで参加可能となります。

スマホやタブレットの端末などにも対応しているので、場所を選ばず、

また通信量などの低さから、気軽に使えるののも魅力の一つとなっていますね。

会議などに参加する場合、会議や主催者側から送られてくる

招待URL、またはミーティングIDなどを、決められた時間に入力すれば、

セミナーや会議に出席できるという事です。

ウェブカメラ、マイク、スピーカーなどの機器が必要ですが、スマホはもとより

ノートパソコンや、画面一体式のデスクトップパソコンに内蔵されている場合は

その機能で充分役割を果たせるとおもいますよ。

zoomには無料版、有料版ともにあるのですが、マンツーマン、1対1の時は時間無制限ですが、無料版の場合3人以上参加になると、

1回のミーティング40分までであることに注意が必要です。このケースでは40分過ぎると、

強制的にミーティングが終了してしまいますが、一旦途切れても

主催者側に、また同じような手順でURLを発行してもらえば、すぐにミーティングが再開できるようです。

2Zoomミーティング画面の各種機能をご紹介

まずミーティングが立ち上がった時に、オーディオを使って会議に参加をクリックします。

今回はパソコンの画面の場合ですが、画面左下、マイクのオンオフ、

カメラのオンオフ、切り替えることのできるマークが表示されています。

参加者であるあなた側の、顔や背景を写したくない場合はカメラオフ。

あなた側の音を拾わずに、画面越しの発言者の話に耳を傾けたい時などはマイクオフ。

相手にジェスチャーや、あなたの表情などを見てもらいたい場合にはカメラオン。

発言を求められたり、意見や質問がある時などはマイクオン。

ケースバイケースで場面にあった機能を使い分けるのが良いとおもいますよ。

Zoomにはこの他にも、まだまだ便利な機能が備わっているのですが、

また機会があれば、ご紹介させていただきますね。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする