Zoom始め方と使い方入門

1zoom主催者になった場合のアカウントと招待方法

ズームでのリモートミーティングや、ウェブ会議などで、参加する時のみに関しては、

ズームアプリをインストールしていない状態でも、招待をうけたリンクなどから、

ブラウザを経由して接続することは可能です。

ですが、もしあなたがミーティングを主催する側、誰かを招待したい場合は、アカウントを

開設する必要がでてきます。







2ズームのアカウントを作ってみよう

ズームの公式サイトにアクセスしてサインアップは無料ですをクリックしてみてください。

あなたの誕生日を入力して、サインアップ用のメールアドレスを送信します。

ズームから送られてきたメール内の確認リンクで、アクティブなアカウントをクリックして、

有効にします。

Zoomへようこその画面に切り替わるので、氏名 パスワードを入力してみましょう。

招待メールはスキップして、ズームアプリをインストールします。(インストール済みの場合は

そのままブラウザを閉じてOK)です。

インストールが終了すると、自動的にミーティングが始まるのですが、これはテストなので

そのまま終了してしまいましょう。

3 さっそくリーモートミーティングを開催してみましょう

ズームにサインインしてみましょう。

画面には、新規ミーティング、参加、スケジュール、画面の共有と

4つのアイコンが並んでいますね。

まずは、この中から新規ミーティングを選んでクリックしてみましょう。

ここではミーティングの開始から、参加者を招待する必要がありますよね。

招待の方法には、招待URLをコピーして、招きたい参加者のツールなどに貼り付ける方法。

ミーティング前からの知り合いなどから、事前にユーザーや連絡先などを登録しておき、

参加者のお名前を選ぶだけで、お相手に招待が届く方法。

そして、ズームには、ミーティングルーム1つ1つにID(ミーティングIDと呼ばれるもの)

がつけられています。

このIDを、招待したい参加者などに伝えることで、ミーティングに招待することができるようになります。

そして、こちらはスマホやタブレットだけの機能なのですが、

初期設定でデバイスに入っている、メッセージアプリなどを起動させて、招待文や招待URLなどを、相手先に送信するなどの方法があります。

ケース・バイ・ケース

あなた自身にあった方法などを。チェックしてみるといいかもしれませんね。

それぞれの方法で、送信した招待リンクなどから、参加者からのコンタクトがありますので、

そこであなたの主催する、ミーティングルームへの参加を許可すれば、

ミーティングやリモート会議が開催されるという事です。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする