アド街ック天国で紹介 京急雑色駅周辺 どんなエリアなの?

1アド街ック天国で紹介 京急雑色はなんて読むの?

雑色と書いてぞうしきと読むんだそうですね。おもわず、ざっしょくと読んでしまいそうな、このややこしい地名、

東京都内でも大田区の多摩川沿い近くにあるエリアなんです。

都内でも少なくなった昭和風情の残る下町だという事なのですが、いったいどんな雰囲気なんでしょうか?

気になるので調べてみました。

ユキサキナビ】京急本線雑色駅(大田区仲六郷)

https://www.homemate-research-station.com/

駅改札周辺は、いたって平凡な風景の高架駅ですね。

一日の平均乗降者数は3万人ほどですが、普通電車のみの停車駅としては、

京急電鉄の中では一番利用者数が多いそうです。




商店街 | Unique Ota

https://unique-ota.city.ota.tokyo.jp/

今ではめっきり少なくなってしまった、アーケード型商店街の「雑色商店街」

いろんな個人商店がこれでもか!といった具合にひしめき合っていますね。

竹沢商店 - 雑色/焼鳥 [食べログ]

https://tabelog.com/tokyo/

かれこれ50年以上営業なさっている老舗中の老舗、テイクアウト専門の焼き鳥屋

竹沢商店

お酒が好きな人やのん兵衛にはたまらない感じでしょうね。

雑色の焼鳥「竹沢商店」 : C級呑兵衛の絶好調な千鳥足

https://cnonbe.exblog.jp/

今にも焼き鳥の香ばしい匂いが漂ってきそうですね~

隆の湯(東京都大田区) - サウナイキタイ

https://sauna-ikitai.com/

雑色駅から徒歩2分の「隆の湯」昭和風情の下町と言えば銭湯ですね~。

東京都・大田区】雑色駅前アーケードとその周辺 その1 - 香ばしい町並みブログ ~昭和レトロな町並み~

https://blog.goo.ne.jp/nutack_kasima/e

昔ながらの雰囲気をのこす中華料理屋さんもあるんですね~

https://blog.goo.ne.jp/nutack_kasima/e

商店街のメインストリートの脇には、こんな路地裏があっちにもコッチにも

昔の映画のワンシーンに出てきそうな雰囲気です。

まさに昭和ノスタルジーですね~

https://blog.goo.ne.jp/nutack_kasima/e

いまではもうほとんど見かけることのなくなった、アナログのおもちゃ屋さん。




東京都大田区西六郷:目黒食品

https://odendane.com/meguroshokuhin/

https://odendane.com/meguroshokuhin/

書店街をさらに進むと、おでん種専門店「目黒食品」さん

昔からの馴染みや常連客、ファンも多そうですね。

おとなの駄菓子屋 藏 - 雑色/居酒屋 [食べログ]

https://tabelog.com/tokyo/

こんな渋いお店もあるんですね~。「おとなの駄菓子屋」さん

コロナ騒動早く終息してほしいところです。

フォークソングを聴きながらさ」 雑色 | goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/

駅前にはバスターミナルやタクシー乗り場がないせいか、雑色商店街に集う人たちは

自転車を移動手段で使う率が結構高いようですね。

歩行者と自転車とともに通行時には注意しましょうね~。

秀和第2多摩川レジデンス 4階 3LDK[1059230951]大田区の中古マンション【アットホーム】|マンション購入の情報

https://www.athome.co.jp/

多摩川の河川敷もけっこう近いので、リバーサイドを健康的に散歩するのもいいかもしれませんね~。

多摩川「タマちゃん」、レッサーパンダ「風太」、イケメンゴリラ「シャバーニ」、秋田犬「ゆめ」今どうしている?【平成30年史・動物編】 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

https://dot.asahi.com/

20年ほど前に多摩川に突如あらわれた、ゴマヒゲアザラシの「タマちゃん」誰が名付けたんでしょうか?

最近の気候変動が異常なので、また珍しい生き物が多摩川に生息しているかもしれませんね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする